作品詳細

うみにかえりたい

うみにかえりたい

牧瀬茜

わたしを捨てて生きてみたい。

踊る詩人の第一詩集。
ステージの上から、夜の街から、ジュゴンのいる南の海から、人魚はつぶやいた。
最後にまとうピンクのライト、網タイツと9センチのヒールは牧瀬茜の制服だ。
流れる汗は人魚の真実の歓び。

まぼろし六丁目


青いとかげ
金のうろこ
雨が降ったら空に泣く
行ってはだめよ行かないで

銀色の羽
赤いくちびる
風が吹いたら口ずさむ
ここはまぼろし六丁目

紅の蝶
灰色の夢
重たい雲も泣きだした
愛はシャカイに負けました

漆黒の夜
ちぎれた夢
雨がやんだら
赤い傘
させばこころに灯がともる

ここはまぼろし六丁目
過去と未来の交差点

詩画集
2019/07/01発行
菊変形 並製

1,620円(税込)