作品詳細

トレモロ

トレモロ

萩野なつみ

身構える必要はなく、呼び出される光景に、浸ればいい。(暁方ミセイ)

第一詩集『遠葬』から4年が過ぎた。
萩野なつみの言葉は人としての生の営みから発せられている。
 現実と観念が一体化した言葉は萩野なつみ独特の世界をつくっている。




夏陰


だれも降り立たない
だれも顧みない
その眼底を着点として
めぐりゆれる客車、
白南風に
耳をとじ腕をさげ
おまえは
いずれほどく火にもたれて

もう ひらかないと決めた
日傘の紋の
まだまとう草いきれ
踏まないで
みていて
幾千の声が
手を振るすがたのまま
水切り石のように跳ねて
さめざめと結晶する

血も ゆめも
おなじあかるさを保つもの
あれは夏
母音だけを残して
捩れながら落ちていった
みじかい会話

境界を
すべる、はしる
膿んだ海におどる
陽炎
干からびたひかりごと
身投げするように忘れては
また 口ずさんでほしい

そして夏
どの切っ先にも触れられずに
ただ喉をさらして
みどりに濡れる
鼓膜の向こうがわへ ゆく






 雪



いくど 道を違えれば
おなじ雪がふるだろう

眼を伏せてわらう あなたの
ながい影が落ちて
しずかな湖となる
夕刻の

すずなりの
すずかけの実と

はぐれた稚魚のような
しろい月





湖面が
わたしの脚先にふれて
ひたひたと
ゆびのあわいにふかく沁み入れば

かすかにひろがる波紋の
ふるえるゆくさき

あなたの耳は
わたしのしらない空にひらかれて
だれも鳴らしたことのない
楽器のようにあかるむ





芽吹くのにはまだ早く
摘むのにはもう遅く

そのような言葉ばかりをかかえて
いくつもの湖畔を過ぎた

ゆるやかにくさる脚を
ひたしつつゆらせば
しろい魚はちぎれて
透きとおる血をながす

対岸にひとは住まない





すずかけの実も また
その耳にわずかな影を落とすこと

あなたはきづかぬまま
眼をあげてゆびさす


幾重ものさざめきが
鼓膜をゆらし ふさぎ
なお保たれる
そのあかるみの真中に
わたしは声をひとつ置く
うなずきながら





湖面も木々も ただよう魚も
わたしの
振ることしかできない腕も
やがて来る夜に溶けて


あなたもしらない空へとかえり


いつか いくどめかの角で

鱗がふる
雪を模して

詩集
2020/10/21発行
四六判 並製

装幀:佐野裕哉/栞:暁方ミセイ・田野倉康一

1,870円(税込)