作品詳細

転生炸裂馬鹿地獄、割れて砕けて裂けて散るかも

転生炸裂馬鹿地獄、割れて砕けて裂けて散るかも

阿賀猥

暴走する狂気

ハイセンスでありつつも極限までナンセンス。世の中全てを敵にまわすことこそが最大の至福であるかのごとき詩の原子爆弾。ある意味現代における詩の最高峰と言える一冊。響音遊戯 詩人の声シリーズ1『猫又猫七そして猫姫』原作。

詩集
2009/08発行

1,296円(税込)