作品詳細

積乱雲

積乱雲

阪本まさ子

言葉の重さ

跋文に触れられている「言葉の重さ」。
生きれば生きるほどに、洗練され、魅力を蓄積していく人生。
その背後にある経験や思い出をたたえる、静かでエネルギーに満ちた「重い言葉」がここにある。

 身をよぢりみづがねいろに光る魚川なかにゐてをりをりひかる
 ひそやかに跳ぶ着地する爪を研ぐ猫ひそむ闇ゆれうごくなり
 蝋燭の炎のくびのやはらかさ消えなむとしてまた燃えたちぬ
 くれなゐの秋を逝かしめしなやかにしなふ動詞に逢はむとおもふ
 靉(たなび)きて過ぎゆきしものをいまいちど積乱雲を産まむとすなり

歌集
2015/12/10発行
A5 上製

3,240円(税込)