作品詳細

輪郭のない時刻

輪郭のない時刻

矢原繁長

現代美術家として多彩な受賞歴を持ち詩人としても活動する矢原繁長氏。本文と同紙でくるまれたごくシンプルな装丁は内容に対する絶対的な矜持といえるだろう。

OKINAWA

 海底が炎症を起こす午後
 有刺鉄線が空を傷つける
 大きな瞳の少年がボールを打つ
 日焼けの少年が滑り込む
 帽子の上を戦闘機が横切る
 ここには特別なルールがある
 ホームランボールを取り戻すには
 スタンプだらけの旅券が要る
 鉄柵の向こう側で見知らぬ兵士が
 灰色のジープを追走する
 どこかの誰かをやっつけるために
 少年達の歓声が上がる
 夕暮れに試合は終わり勝者が生まれる
 だが鉄柵の周辺に勝者はいない
 勝者の代わりに恒星のような
 ピカピカのバッジを手に入れよう
 淡い秒針が有刺鉄線を突破する夜には
 鎮痛剤を用意しておいてくれ

矢原繁長 プロフィール

詩集
2012/11/15発行
A5変 並製

1,543円(税込)