作品詳細

perpetualβ

perpetualβ

野村龍

永遠の生への渇望

野村が渇望する「永遠」とともに生きる言語空間とは、社会的現実、つまり日常の暮らしの澱がべたりと貼りついた次元を忌避して、個の欲望や幻想を純粋培養する液晶画面のヴァーチャルな世界と通じる何かでもあるのだろう。―林浩平―

詩集
2006/10発行
A5変

2,160円(税込)