作品詳細

おもちゃの映画

おもちゃの映画

藤井晴美

私は今、腐りかけの詩を一篇盗んできたところだ。

全く21世紀的ではないアンダーグラウンドかつ唯一無二の世界観。この詩集を手にした瞬間、詩人の罠にはまる。

 門のある家だった。門柱に捜していた、S印刷所と、縦に墨書きされた看板があった。中に入っていくと、最初、一軒の家かと思ったが、一つの町並みのように次から次に家が建て込んでいた。そのどれがS印刷所なのか判断がつきかねた。聞いてみた。
 夜になると、各々の家の窓に灯りがついた。そして、夜のカフェが石畳に開けた。
 巧妙に印刷された町並み。
 自分が死んでいたことを思い出す話を印刷しに。

(「S印刷所」)

詩集
2014/07/10発行
四六判 並製

972円(税込)