作品詳細

おばさんの花

おばさんの花

平木たんま

折にふれ心に浮かぶことを文字にしてゆく

生きているとある、いろいろなあれこれを、おおらかに詩にするたんまさん。どうということのない人生のようだけれども、そこには素敵な花が咲いている。

七月生まれなのに 六月と言い張っていた夫の フォークで西瓜を刺す手元は狂わない 次男はそれを見ている 刺しては食べ食べては刺している (「主人」より)

詩集
2011/03/26発行
A5 並製カバー付

1,296円(税込)