作品詳細

のほほんと暮らす

のほほんと暮らす

西尾勝彦

たとえば、歩くだけ、ただいつもの道をゆっくり歩くだけで見える景色が変わる。

のほほんとしたモノ
たくさん見つけてみましょう

 函館の路面電車
 シトロエン・アミ8
 公園のシーソー
 丸いちゃぶ台
 ガリ版刷りの小詩集
 平宗の柿の葉ずし
 草色のトンボ鉛筆
 温かいジャスミン茶
 よもぎあんパン
 梅干しのお茶漬け

まだ
あるはず

(「第二部 のほほん生活の様子」より抜粋)


『のほほんと暮らす』刊行に寄せて
『のほほんと暮らす』は、僕なりの幸福論です。
どのように日々の生活を送れば穏やかさや安らぎが得られるのか。そのヒントがたくさん詰まっています。すこし詩的な実用書として書きました。
多くの人に読んでいただけたら幸いです。
─西尾勝彦


『のほほんと暮らす』目次


著者プロフィール
1972年生まれ。京都府出身。奈良市在住。35歳の頃より、天野忠、尾形亀之助などの影響を受け詩を書き始める。
主な詩集に『歩きながらはじまること』(七月堂)、『光ったり眠ったりしているものたち』(BOOKLORE)などがある。

詩的実用書
2019/03/09発行
B6判変形 120×155 上製 カバー・帯・栞・別冊付録「のほほん自由手帖」付

帯文:長谷川書店水瀬駅前店 長谷川稔『のほほんと暮らす』は、『のほほんのほん』(2014・私家版)と『のほほん自由手帖』(2017・私家版)を元に再編集と加筆を行い作られました。

1,620円(税込)