作品詳細

空想旅行の修辞学

空想旅行の修辞学

四方田犬彦

思想的な原点ともいうべき「ガリヴァー旅行記」論。
諸価値の異化、転覆、奪冠などが考察の主要なテーマとなっている

文芸評論
1996/06発行
A5

この商品はアウトレット品の為、ネット販売のみの在庫品となっております。 ご購入の際はご注意下さい。詳しくは七月堂へお問い合わせ下さい。

アウトレット価格 3,600円(税込)