作品詳細

記憶する生×九千の日と夜

記憶する生×九千の日と夜

吉田広行

すでにないもの、あるいはこれから来るもの

詩とエッセイで綴る、過去、現在、未来。
「詩そのものが石板かCDのようで、ここまでの時間、滅びの予言、それからの時間が、刻まれている。果てるものと果てしないものが奇妙に交差した点が、何故だか明るい」(栞文より そらしといろ)

傾きかけた長い午後に
書き損じた詩のかけらを
Memory cardに格納する

それは不滅の記憶のため?
思い出の痕跡のため?

ぼくらは何を残そうとしているのか
どこへ過ぎ去ろうとしているのか

記憶する生のかなた
なにかの呼び声の
あわいに
回転する生のつかのまに(「記憶する生」より)

詩集×エッセイ
2017/09/01発行
四六判 並製

1,080円(税込)