作品詳細

痛くないかもしれません。

痛くないかもしれません。

深沢レナ

痛い、痛くない、痛い、痛くない。

強くて弱い、弱くて強い。
レナがなぐりかかってくるから
読みながらなぐりかえしてやるのだ。
それなのにまた立ち上がってなぐりかかってくる。
弱いのに強い、強くて堅いそのこぶしが
そのこぶしが、痛くてたまらない。―伊藤比呂美

ぼくは細い
はしごの先で
震える身体を
説得中なのに

怒れる虎と
化した君は
公転するのを
やめてくれない

君に咥えられて
情けなさそうに
頭を垂れている
ぼくの臓器

床には一面に
血が満ちていて
鉄の匂いが
赤く熟れている

ねえ、はやく遊ぼうよ
もう内臓なんかほうってさあ

真っ白な部屋で
真っ新なぼくたちが
遊んでいる、という
ふりをしようよ
(「虎」)

詩集
2017/09/30発行
四六判変形 並製カバー付

帯文:伊藤比呂美・佐々木敦 栞文:堀江敏幸 装幀:福田正知

1,620円(税込)