作品詳細

ガラスの犬

ガラスの犬

堀田展造

水没する水の無音

鏡の中の不眠の夜

非人称=犬の熟視が表象する都市の原初の視覚は、思いがけなく爽やかな空なる気に満ちている。そこから新生人間の言葉が呟きとなって聞こえてくるとき、無意味の意味を纏った言葉の中に無明の闇を開く目の光が点る。身体なき言語(犬語)が自らの目で世界を見、自らの声で語るとき、陰画の世界が固有の色に染まり、存在し始めるであろう。
(近藤耕人「透明人間の視る異界」より)

すべてを宙吊りにしてやる。それは詩の光栄ある使命だと思う。
(「著者あとがき」より)

堀田展造 プロフィール

詩集
2009/07発行

2,057円(税込)