作品詳細

ふたりはひとり (サイン栞入り限定版)

ふたりはひとり (サイン栞入り限定版)

西尾勝彦

ふたり ほんとうに 生きること

わたしの声が
きこえますか

白い火を
灯して
一緒に
うたってほしい


ふたり
ほんとうに
生きること
夢と
うつつの
あわいで





ーーーーー
『光ったり眠ったりしているものたち』(BOOKLORE)より約4年ぶりとなる、西尾勝彦の新詩集です。

イスラエル発の革靴「NAOT」のウェブサイトに連載された詩に加筆し『ふたりはひとり』はうまれました。


たとえ会えなくても、触れることができなくても、大事な人や存在との世界が、ゆるぎなく、これからもずっとつづいていきますように。
「ふたり」も「ひとり」も、同じように大事であれますように。
そんな願いをこめて『ふたりはひとり』の制作にあたりました。



こちらは 「ふたりはひとり (サイン栞入り限定版)」 となります。
通常版の 「ふたりはひとり」 はこちらからお求めいただけます。

詩集
2021/03/21発行
四六判変形 135x140 上製 帯付

装画・挿絵:小川万莉子/組版・装丁:川島雄太郎/撮影:菊井崇史

2,200円(税込)