作品詳細

普遍の一途

インカレポエトリ叢書 3

普遍の一途

内堀みさき

神様は僕にこの坂を与えました

アトランティスめがけて

追い越し車線
斜めに抜け駆け
くぐり抜けるジャングル
繰り返される既視感覚
眩しさの対価は睡眠不足に拍車をかける

泥で汚れたジーンズと黄ばんだ地図を
自慢するように
案内標識に異世界を確認して
皮肉のため息をついた

新聞のおくやみに私の名前はなくて
代わりに桜の満開の便りを受け取る
その足で渡った吊り橋
枝毛までも輝かせて
雨上がりの匂いを嗜む

群青の湖の底に私を確認して
浮き上がる泡に天命を待つ

インカレポエトリ特設ページ

詩集
2020/09/01発行
四六判 並製

990円(税込)