作品詳細

沿線植物

沿線植物

森ミキエ

新しい旅へ

ひらいた本のページをよぎる鳥影の速さ

中空に消える血の速さ

晴天に翳した手は何もつかめないまま

日光に象られていく

(「午後の図書室」冒頭)

沿線に植物が芽吹き繁茂するように生まれたのがこれらの詩だ。気持ちを言葉で表わし、現実から少しでも離陸させようとすることで平常心を保ってきた。今も相変わらず不安や緊張のなかにいるけれど、辛苦を共にすることも、体の痛みも精神的な傷みも、生きているからこそ実感できる生命力だと思えるようになった。
(著者あとがきより)

詩集
2009/07発行

2,160円(税込)