作品詳細

誰もいない

誰もいない

永澤康太

ただ 一本の声として

『誰もいない』・・・詩人は確かにいる。読者は詩人の佇まい、息遣い、何よりその声、独白する声を感じるだろう。誰の声でもない言葉が飛び交う時代にあって、これは間違いなく永澤康太の肉声である。

声は、
楽器では、
ありません。

叩いたり、
こすったり、
弾いたり、
ふるわせたり、

そんなこと、
しなくても、
声は楽器ではないのですから――
音になることもないのです。

声は――
耳で聴くのではありません、
目で見るものでもないのです。

声は――
もっともっと、
透明な何か。
得体の知れない、
何ものか。

もっともっと、
遠くにあって――
もっともっと、
近くにある、
移ろいやすい――
何ものか。

声は――
そうゆうもので、
あるのです。

声は、
楽器では、
ありません。(「声」)

詩集
2016/11/16発行
A5変形 並製カバー付

1,296円(税込)