作品詳細

長老の愛した女たちの季節

長老の愛した女たちの季節

安川登紀子

本当は女も、青臭くなければ、愛されない

「少女」の心のまま年齢を重ね、生きていくことは、純粋さ故の苦悩を「大人」よりも多く背負うことになるだろう。そんな彼女の人生の悲しさも、おかしさも、憎しみも、喜びも、全てここに含まれている。

私の記憶には くもの巣がはっている

どうして 忘れてしまうのに 心は こんなにも 動くのだろう 逃がしてしまうのなら 何のために 一生懸命に なるのだろう

どうして 忘れてしまうのに 恋をするのだろう 胸に詰まる 熱い思い

空の彼方に行った 私の 膨大な記憶よ わたしは いつの日か 忘却の空に向かって 深々とおじぎをしよう

ありがとう と     (「忘却の空」)

詩集
2013/10/25発行
A5変形 並製

挿画:本間ちひろ

1,080円(税込)