作品詳細

歩きながらはじまること

歩きながらはじまること

西尾勝彦

言葉の「森」がここにある

奈良の山で暮らす詩人、西尾勝彦のポケットには、どんぐり、石ころ、いろいろな形の葉っぱや木の実。たくさんの宝物がつまっているに違いない。

『朝のはじまり』、『フタを開ける』、『言の森』、『耳の人』に加え、私家版『耳の人のつづき』を収録。

いつからか
素朴に
暮らしていきたいと
思うようになりました

飾らず
あるがままを
大切にしたいと
思うようになりました

そうすると

雲を眺めるようになりました

猫がなつくようになりました

静けさを好むようになりました

鳥の声は森に響くことを知りました

けもの道が分かるようになりました

野草の名前を覚えるようになりました

朝の光は祝福であることを知りました

人から道を尋ねられるようになりました

月の満ち欠けを気にするようになりました

遅さの価値を知る人たちに出会いました

一日いちにちが違うことを知りました

ゆっくり生きていくようになりました

鹿の言葉が分かるようになりました

雨音が優しいことを知りました

損得では動かなくなりました

わたしはわたしになりました(『言の森』より「そぼく」)



■■ 重版決定! ■■

詩集
2018/03/07発行
四六判変形 並製

解説:Pippo 帯文:池上規公子(葉ね文庫)

2,160円(税込)