作品詳細

秋元潔詩集成

おすすめ!

秋元潔詩集成

秋元潔

秋元潔を極める一冊

おすすめのワケ

まず、とにかく全詩集だということです。この一冊で秋元潔の全てを知ることができます。秋元潔氏は七月堂から『尾形亀之助論』を刊行しています。500頁を越える大著です。このことからも秋元氏がありふれた詩人ではないことがわかるでしょう。この本はこれからの詩人におすすめしたい一冊です。秋元潔という詩人が生涯をかけて得たもの、作り出した作品はそれだけで価値のあるものですが、それだけでなくエッセンスの宝庫でもあるからです。

俳句・短歌では寺山修司を瞠目せしめ、詩においては天沢退二郎を驚嘆させ、評論では草野心平を信服させる――既刊詩集のすべて、未完詩篇の殆ど、俳句、評論、エッセイとジャンルを横断して網羅されている。夏石番矢、野村尚志、新井豊美、天沢退二郎が秋元潔を語る解説に加え、巻末には七月堂創設者故木村栄治が執念で調べ上げた秋元潔年表も付録。まさに渾身の一冊。

詩集
2011/10/28発行
四六版 上製

3,240円(税込)