作品詳細

ゲーセンじょうのアリア

響音遊戯 4

ゲーセンじょうのアリア

岡島俊治/原作:川口晴美

原作 川口晴美詩集 「ガールフレンド」

1.ゲーセンじょうのアリア

ゲーセンじょうのアリア(私と彼女との日々)

冷蔵庫の電気音だけが響く部屋で「わたし」は震える。「わたしは冷蔵庫だけを愛している」。
「息苦しいほどたくさんの人が乗っていても地下鉄は死んだ獣のように静か」だ。
「こんなところでしか眠れないなんて不幸ね」そういう彼女にも濃い「くま」が出来ている。しかしそれは良く似合い美しい。
彼女に会える場所…「もうひとつはゲームセンター」。彼女が私を探して地下鉄を乗り継ぐように、私もゲーセンをはしごする。コインゲームの台と私の顔を見比べる彼女。
「…ねぇ、ゲーセンっておかしい、おかしいわ そう思わない?」ただ減ってゆく。
彼女は笑う、私も笑う。「薄く、冷たく、軽くなって、幸せそうに」



作曲・編曲・監修: 岡島俊治
企画・制作: 七月堂
声の出演: 一純悠人・川口晴美
装丁: 御厨裕平

SAMPLE 1
SAMPLE 2

詩集
2009/02発行
紙ジャケットCD

1,620円(税込)