作品詳細

微水

響音遊戯 1

微水

岡島俊治/原作:白鳥信也

原作 白鳥信也詩集 「ウォーター、ウォーカー」

1. あっ
2. ひびわれることがある
3. さらわれる
4. 最後の水カマキリ
5. 微水
6. 魚が飛んでいる
7. 僕はコウモリの鳴き声を聞いたことが無い
8. 夕焼けを泳ぐ豆腐

微水(サラリーマン哀歌)

サラリーマンの日常の心象風景。彼は自転車通勤。緑道を抜け、暗渠の上を走っている。走りながら昔を思い出し、なぜか心がひび割れてゆく。突然の雨は彼を水の世界へと連れてゆく。幼い頃、田んぼや小川で水カマキリやゲンゴロウを見つけて追いかけまわしたことを思い出す。あれはいつだったのか……。
会社で会議が始まろうとしているのだが、窓の外にビニールの魚が飛んでいる! 妄想は次から次へととどまるところを知らない。そんな日はまっすぐ家には帰れない。回り道をして河原で夕焼けを眺めてしまう……。
夕焼けは幼い頃聞いていた豆腐屋さんのラッパを思い出す。鈴木さんは国道に出る細い道で車に轢かれた。あたり一面豆腐が散らばり、夕焼けの中を豆腐は泳いで行った。



作曲・編曲・監修: 岡島俊治
声の出演: 岡島亜紗美
美術: Noriko Yoshikawa
装丁: 岡島俊治
スペシャルサンクス: Shiori Yamaki

SAMPLE 1

詩集
2008/05発行
紙ジャケットCD

1,620円(税込)